子供の低身長問題は栄養サプリメントが解決|しっかりとって身長伸ばそう

栄養をしっかりとって身長伸ばそう。

身長は一生モノです。

sinchou

子供の成長は遺伝の要因は大きいが生活も大きく影響します。近年、子供のカルシウム不足が問題になっているが牛乳不要論が広がり学校給食から排除されつつあります。だからこそ自分で意識的に栄養を摂取するようにしないと子供の成長には大きな影響を及ぼします。伸長は骨が成長してから伸ばしたいと思っても難しいため、成長期に摂取する栄養は身長を伸ばすうえでとても大切です。数ある栄養の中で特にカルシウムの摂取は重要ですが、これさえ食べれば身長が伸びるといった完璧な食品はありません。今回は効率よくバランスよく摂取可能なサプリメントについてお話しいたします。

  • 子供の成長と身長

子供の教育には成長がありません。これやったら良いというのがないからこそいろいろな事例などを調べます。なぜなら筋肉をつけたり痩せたりすることはいつでもできるが身長に関しては成長期に伸びなかったら一生伸びない可能性があるからこそ何かいい方法がないかと調べるが、研究が進んでいる現代でも未だ正確な答えが見つかっていないのが現状です。

  • 身長が伸びない要因

身長を決める要因として広く知られているのが親の伸長。誤差はありますが今の時代は身長を親の伸長から計算する式があり、男子= (両親の身長の合計+13/22、女子= (両親の身長の合計-13/22でおおよそ導き出せます。これに当てはまらない方もたくさんいらっしゃいますが、あっているという声も多くあるので身長の要因が大きいと感じます。しかし、遺伝による身長への影響はおよそ25%~30%程です。この数字を大きいと捉えるか小さいと捉えるかはそれぞれですが、70%近くは別な要因という事実は変わらないのであきらめないでその他のアプローチをやってみた方が伸びる可能性があります。その他のアプローチというのが睡眠や栄養などの日頃の生活スタイル。特に身体をつくる栄養はとても大切です。昔の日本人は、身長が低く江戸時代末期頃が最も低かったと言われています。戦時中や戦後の食糧事情が悪化していた時期を除けば、1960年代の高度成長期を境に平均身長が一気に伸びました。厚生労働省の「国民健康栄養調査」では、2012年日本人の男性平均身長が20170.9cm、女性157.8cmとなっているのに対し、1975年の男性166.9cm、女性156.1cmと比較すると明らかに平均身長が上がっており、近年の日本人は生活と共に平均身長も伸びていきました。1950年の日本人の1日あたりの肉類の摂取量は約8gで現在ではおよそ80gにまで増えています。魚中心の食文化から、欧米からの肉料理や牛乳などたんぱく質やカルシウムの多い食事をする機会が増えてきたことが身長の増加につながったと考えられます。

3、身長と栄養

eiyou

栄養は身長を伸ばす要因としてとても重要です。子供の成長に必要な栄養素はこれと言って絞れません。すべて大切だからこそこれを取ればすべてモーラできる食材もありません。でも、身長を伸ばしたい、大きくなりたいなどの希望なら骨の成長に必要な栄養素をしっかりとることで結果的に子供の成長にプラスに働くことは間違いありません。身長を伸ばすうえで特に大切な栄養素は、カルシウム、ビタミンD、マグネシウム、タンパク質、亜鉛、リン。

これらは余分に身体に貯えておくことが出来ないため、取りすぎた場合は外に流れてしまいますがカルシウムだけとればいいとかマグネシウムだけとればいいのではなく、これらをバランスよく摂取することが大切です。中でも重要なのがカルシウム。カルシウムは骨だけではなく歯を形成するので歯が生え変わる成長期にはより多くのカルシウムが必要になってきます。

カルシウムは体内に最も多く存在するミネラルで体重の1~2%を占めます。このうち約99%は骨や歯などの硬い組織に存在しています。骨の中では新しい骨をつくる骨形成と古くなった骨を壊す骨吸収が繰り返されています。この活発な骨代謝をすることで骨は大きく成長するのでカルシウムは意識的に摂取することが大切です。

骨を形成しているのはカルシウムだと言われるのでたっぷり摂ろうとしがちですが、実はしかし、カルシウムは単体ではうまく作用することができません。

ひとりで骨形成は出来ないためサポート役が必要です。それをサポートするのがマグネシウム。カルシウムがしっかりと吸収できる状態にしてくれ、骨自体の質を上げて強く健康にもしてくれます。だからと言ってマグネシウムだけ摂取しても骨を作ることはできません。

カルシウムとマグネシウムの双方が互いに協力し合ってこそ、働きかけることができます。このカルシウムとマグネシウムの相乗効果の関係は骨だけでなく、血液の循環や筋肉の動きにも関わっています。ここで大切なのは、カルシウムとマグネシウムの摂取バランスです。カルシウム:マグネシウム=2:1が理想と言われています。このバランスでお互いに上手く作用し健康な体を作ってくれるのです。カルシウムを摂取するときは、その半分のマグネシウムも必要とされていることを忘れないようにしましょう。

これらの栄養を適量摂取出来てバランスよく摂取するためにも栄養補助食品であるサプリメントが有効です。食材からとろうとするとバランスが難しく、偏ってしまうことが多いです。しかしサプリメントで摂取することでバランスよくとることが出来て、食事もアレルギーや好き嫌い気にせず食べることが出来るので効率が良いです。

4、喜びの声

kodomosinchou

特に男の子は低身長をコンプレックスとして抱えている場合が多いです。

身長は一度成長が止まると大きく伸びることはないので子供のころのサプリメントなどは未来への投資と言っても過言ではありません。後でやろうと思っても都合よく成長はしないので時期を逃さずにしっかりと栄養面でサポートしてあげることがその子の未来につながります。

身長が伸びる時期は一瞬ですが、その時期逃すと一生訪れません。また、栄養を摂取してすぐに結果が出なかったとしても栄養は積み重ねていくことで結果もついてきます。遺伝だからとあきらめず 子供の未知なる可能性を信じて今できることから未来への投資を始めてみましょう。